帰る場所なら此処にある

色々抱えてしまった人が生き残ろうとするブログです。

MENU

#39 社交性皆無の発達障害陰キャが体育会系の専門学校へ進んだ話~全科独学~3

 わーぐ(@kayblis_wannyan)です、こんばんわーぐ。発達障害を持ってしまったアラサー男のコミックエッセイはーじまーるよー

社交性皆無の発達障害陰キャが体育会系の専門学校へ進んだ話~全科独学~

 「全科独学」第3話です。前回のあらすじはこちらを参照してください。

www.kae-koko.com

 第3話です。授業についていけず、実技では相手の足をひっぱり、結果的に妨害してしまったわーぐさん。どうなるのか!?

 

・テストは赤点常習犯

 授業についていけなかった(興味がなかった)ためテストでは赤点を連発していました。なお、60点未満が赤点です。

 赤点を取ったら追試があるのですが、追試はなんと!僕一人だけなことが多かったです!!

 追試を受けながら、「みんなすごいなぁ。俺一人だけかぁ」なんてことを考えていました。

 

・過去問が回ってこない

 どうやら、僕以外の全員に過去問が回っていて、それを暗記することでテストに受かっていたようです。

 偶然、クラスメイトが「なんでおまえここで赤点なの?過去問暗記しておけばまずありえない、逆に赤点を取るほうがすごいよ」と言われ、そこで僕だけ過去問が回ってきてないのが発覚しました。

 このときは衝撃でした笑

 過去問回らない、友人いない、学力は平均以下、発達障害で社交性皆無の陰キャの実態の片鱗を味わってもらえましたか?

 

 無事に学校生活を送れるのか!?それはまた次回の記事にて。

このエッセイを通じて同じく障害を持っている方への共感、及び障害への理解が深まってくれれば、幸いです。

この記事がいいなと思ったらスターボタン及びはてブをしてくれたら励みになります!

それではまた次回の記事にて、わーぐでした。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

 

こちらは、僕が愛用している枕です。肩こりや頭痛で悩んでいる人に特におすすめです!