帰る場所なら此処にある

色々抱えてしまった人が生き残ろうとするブログです。

MENU

#30 真面目系クズ~体面だけは良い~

わーぐです、こんばんわーぐ。


発達障害を持ってしまったアラサー男のコミックエッセイはーじまーるよー



今日は俗に言われる「真面目系クズ」についてでも語っていこうと思います。

 

Q.真面目系クズって?


A.ああ!

 

要は「一見は真面目そうに見えるものの、中身はクズな人」です。

 

僕は真性の「真面目系クズ」にあたる人間です。いや、それですらないのかも。
どういう性格をしているかと言うと

 

・非リア充であり、基本的には根暗
・人が見ているとそれなりに真面目
・なので教師への第一印象は良い
・人が見ていないところでは徹底的にサボる
・自主性や責任感に欠ける
・行動や言動が伴っていないのに批判は一人前(知識はある)
・煙草や暴力のような派手な違反をする度胸はない
・努力する人、頑張る人をあざ笑い軽蔑するが、足を引っ張る度胸はない
・「わかりました」←理解していない

 

言ってしまえば「人前では努力している、真面目ですアピールをするけど人が見ていない所では徹底的にサボったり、全てにおいて中途半端」な人間だとでも思ってください。

 

おそらく、ここで言うクズの定義とは

 

・無自覚な非常識
・(人が見ていないところでは徹底的に手を抜くような)怠惰
・精神年齢の低さ

 

だと思われます。

 

また、「オタクでもないのにどこのグループにも属せないぼっち」もこの率が高いかなぁと思っています(高校のときのクラスメイトにその手の子がいました。彼についても記事を書けるのでいつか書いていきたいなと)


そもそも、真面目と言うワードそのものも「誠実」や「努力家」などといったポジティブなニュアンスではなく、「つまらない」「融通が利かない」といった批判的意味で使われています。


ええ、僕は第一印象以外は該当しました。僕?第一印象すら悪かったですよ、はい(笑)

 

ちなみに僕はと言うと


真面目系クズには長所があります。
それは、「空気を読むことが得意で、協調性がある」「目上が見ていれば頑張れる」「それゆえに目上からは好かれやすい」ことです。


しかし僕は真面目系クズでありながら、ASDの特性を持ってしまったため「空気が読めず、協調性がない」という真逆のパターンを持ってしまっています。


ただし、言葉遣いは丁寧(不自然でしたが)であり、第一印象は柔和だったらしいので、徹底的に嫌われてはいなかったと思います。化けの皮が剥がれてすぐに嫌われたんですけどね(笑)

真面目系クズに関してはこういう漫画も出ています。

 

 

実は僕は読んだことないですゲフンゲフン

 

 

このエッセイを通じて同じく障害を持っている方への共感、及び障害への理解が深まってくれれば、幸いです。

この記事がいいなと思ったらスターボタン及びはてブをしてくれたら励みになります!

それではまた次回の記事にて、わーぐでした。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村